So-net無料ブログ作成

日本チームWBC制覇、おめでとう!~2006年3月21日 WBC決勝 日本 対 キューバをテレビ(J-SPORTS3)観戦する。~ [■スポーツ観戦]



■2006年3月21日 WBC決勝 日本 対 キューバを
テレビ(J-SPORTS3)でリアルタイム観戦する。

ここ数日、晴れて風が強いため、花粉症が悪化してダウン。
例年よりは圧倒的に軽いとはいえ、
無菌室に引きこもっているわけではなく、
仕事には行くので、仕方が無い。
我慢して、できるだけ外出を控えても、空気清浄機をフル稼働しても、
うっすら熱っぽい、独特の倦怠感は抜けない。
鼻や喉が痛くて、軽い酸欠状態に近いかも。
目も痒い・・・。

春分の日でお休みの2006年3月21日は、 
ライブやら、東京スワローズのオープン戦やら、行けない代わりに、
WBC決勝 日本 対 キューバをテレビ(J-SPORTS3)でリアルタイム観戦!

地元の放送がそのまま放映されたものを見ている。
空撮されるサンディエゴのTACOBELL球場、
メジャーリーグのスタジアムの、芝を整備するとできるチェックの柄、いいなぁ。

セレモニーから始まる。
国歌のオーケストラバージョンの演奏が終わると、銀色のテープが飛び出す!
盛り上がってるなぁ、さすが決勝戦。
JAZZが流れてる~かっこよすぎ・・・
始球式は、世界のホームラン王の王監督からボールを受け取った
メジャーリーグのホームラン王のHankAaron(ハンク・アーロン)氏。
豪華な顔合わせに解説者も楽しそうだ。

解説・実況は、準決勝の日本対韓国戦と同じ、
Jon Miller氏とJoeMorgan氏だ。
Jon Miller氏は「ワタシハ~ タコーベルニ~ イマス」って、日本語勉強してるよ!
上原選手、王監督について良かったなどなどにも言及、
一方JoeMorgan氏も松坂投手情報を公開。
キューバ選手についても情報提供してくれて、助かる~。
決勝戦は違いますな。

日本が先攻、キューバの投球練習中に
日本選手を打順・ポジションごとに紹介される。
ちゃんと用意されている画像に感激。
日本チームの先発メンバーは

福岡ホークス・川崎選手:ショート
千葉マリーンズ・西岡選手:セカンド
シアトル マリナーズ・イチロー選手:ライト
福岡ホークス・松中選手:DH
横浜ベイスターズ・多村選手:レフト
マリーンズ・里崎選手:キャッチャー
ファイターズ・小笠原選手:ファースト
千葉マリーンズ・今江選手:サード
東京スワローズ・青木選手:センター
ライオンズ・松坂選手:ピッチャー

ライオンズ・松坂大輔投手!
「対戦チームの応援に乗って投げる。」なんて言ってたことがあった。
心強い投手に、勝利を確信。
さぁ、決勝戦が始まります。

【初回表】

川崎選手はゴロで1アウト、

西岡選手、ショートに内野安打で1塁へ!
さすが俊足!盗塁行くか?

続くイチロー選手の打席、
西岡選手、2塁へ盗塁行きました!
そして、イチロー選手はフォアボールで1塁へ。1アウト1・2塁、チャーンス!
うっわぁぁ、俊足2人が並んでいる光景・・・ありえない・・・
こんなのが見られるのは世界大会だけですな。

キューバいきなりピンチで慌しくなってます。
ROMERO投手、大丈夫ですか・・・

松中選手打席中、西岡選手が3塁への盗塁を狙います。
松中選手ショートへの内野安打!1アウトフルベース!大チャンス!

多村選手登場!
さすがにキューバはODELIN投手に交代。
多村選手、当てていきます。
って、腕(肘?)に当てられ、デッドボールで出塁。
押し出されて日本先制1点獲得!

里崎選手、バットが手からすり抜けてピッチャーの方に!
気合溢れるものの、三振で2アウト。

ファイターズ・小笠原選手、よくボールが見えてます、当てていきます、粘ります。
フォアボールで出塁!更に押し出し1点追加で2点先制。

マリーンズ・今江選手。
センター前ヒット!2点追加、4点先制!
さすが今江選手、2005年の日本シリーズを思い出してしまったよ。

キューバは投手交代。
つづいて我らが東京スワローズ・青木選手!
当てていく、当てていく!
・・・セカンドゴロで3アウト、チェンジ。
って、まだ初回ですから。
さぁ、松坂投手が出てきます。

解説のオジサン、丁寧だ。
去年この人はどのチームに所属やら、何本ホームランを打ったやら、
今江選手の打席では、
「岩村選手は怪我で出られない」まで、まだ言ってる(準決勝でも言ってた)。
我らが東京スワローズ・岩村選手、
メジャーに挑戦したいという希望があるだけに、
今回の国際大会出場は、いいアピールになったね。


【初回裏】

松坂投手投球練習中に
打順・ポジションごとにキューバ選手が紹介されます。

松坂投手、好調や~と思ったら、ホームランを打たれました・・・。
気にしない、気にしない、日本3点リードです。
向こうも当てに行っているので、当たり前です。
他2人の選手をサードゴロで、1人を三振でしとめた!
さすが、動揺を持ち込まないってところがステキだ!

合間に、どこか街頭の大きなビジョンで
キューバの応援をする皆さんを中継するカメラに切り替わるのだが、
これが大盛り上がり!いいなぁ。


【2回表】

川崎選手は俊足を生かしていきますが、1アウト、残念。
西岡選手、三振、2アウト。
イチロー選手ショートへのスピードあるライナーを
キューバのショートの選手がジャンピングキャッチ!
悔しい!・・・けど、すばらしい。
キューバの選手の躍動感、凄いんだよね~。

【2回裏】

解説のJonMiller氏、「ワタシハタッコーベルニイマス」ってまたか!
その直後にJoeMorgan氏は「マツザキ」って、松坂っていい難いんだ・・・。
というまに三振で1アウト。

続くバッター、OSMANI選手、でかい!恐い!パワーが溢れてます。
ファールもでかい!
それを抑えた松坂投手!さすが~!

やたらイチローの話で盛り上がる解説者。
続くキューバの打者(背番号31)がライト前ヒット!
なんかパワーが違うぞ。
迫力ありすぎ。
ワイルドピッチで2塁へ。2アウト2塁。

続くキューバ背番号8、
スイングが速い!ファールの打球のスピードが速い!
打たれたくないわ~って、三振、3アウトチェンジ。
あぁ、ほっとした、ほっとした・・・緊張感溢れます。

【3回表】

松中選手からはじまります。
ライト前ヒット!さすが~さすが~。

続く多村選手、三振、残念。

里崎選手、フォアボールで出塁、1アウト1・2塁、チャーンス!

小笠原選手はフライでアウト。

そして、先ほどタイムリーを打った今江選手、サードゴロで3アウト、チェンジ。

チャンスを生かせなかったのが残念!

【3回裏】

キューバ21番、RAMIREZ選手レフトとセンターの間にヒット!ノーアウト2塁。
ピーンチ!って、動揺するな、松坂投手!
続くバッター(背番号2)は、三振、1アウト
更にレフトフライを多村選手が、センターフライを青木選手がキャッチ!
3アウトチェンジ!

【4回表】

青木選手、解説者にイチロー選手とデータ(安打数、盗塁数など)を比較されてます。
残念ながら三振、アウト。
気合が入りすぎて球が見えてないかな?頑張れ!

川崎選手はショートライナーで、2アウト。

西岡選手、フォアボールで出塁、2アウト1塁。

イチロー選手の打席中、西岡選手盗塁!・・・失敗、3アウトチェンジ。

もっと点は欲しいのに!

【4回裏】

最初の打者は、センターフライ、青木選手キャッチ!

ピッチャーへのゴロを松坂投手が足で止め、
弾かれた球に追いついたショートの川崎選手!ファーストアウト!
すばらしい!

ヒットが出た!と思ったら、次の打者はライトフライで3アウト、チェンジ。

あっという間に終わり。

【5回表】

イチロー選手、レフと前ヒット!ノーアウト2塁

松中選手、ライト前ヒット!ノーアウト1・3塁、チャンスチャンス!
松中選手のこの安定感はスバラシイ!

キューバ投手交代
多村選手、サードに鋭い打球!
サードの選手がダイビングキャッチ!
送球に手間取る間にイチロー選手が帰ってきて、1点追加、合計4点獲得
1塁多村選手もセーフ、ノーアウト1・2塁、チャンスは続く!

里崎選手、バント成功!1アウト2・3塁!

キューバ、ピッチャー交代。

小笠原選手、サードへ犠牲フライ、松中選手が帰ってきて1点追加、
日本5点先制。

今江選手の打席中
上原くんが身を乗り出してみているところを抜かれてます。
しかし、今江選手、ショートゴロ、3アウト、チェンジ。


【5回裏】

日本チームの投手は
マリーンズ・渡辺選手に交代。
脅威のアンダースロー攻撃!
キューバ選手、当てるのに必死です。
あっという間に三者凡退。

【6回表】
青木選手に代わって、
ベイスターズ・金城選手、センターフライでアウト。

川崎選手、サードに転がすが、
カバーに入ったキューバチーム選手の送球が良かった、
間に合わずアウト、残念!!!

西岡選手、サードゴロで3アウト、チェンジ。

【6回裏】
渡辺投手、好調。
小笠原選手がダイビングキャッチ!ファーストを差して、アウト!
川崎選手、ショートへの当たりを取った!と思ったら、こぼして、送球間に合わず。
ドンマイ。

続く打者の打球はレフトに抜けた~って、渡辺投手、頑張れ~!
更にレフトにヒット!1点獲得キューバチームは、1アウト2・3塁のチャンス。
渡辺投手、落ち着け、頑張れ、乗り切ろうぜ!
って、センター前ヒット!1点追加でキューバ合計3点。
しかし、ゲッツーで3アウトチェンジ!
キューバ炸裂、恐すぎる。

【7回表】
ラッキーセブンのはずですが、
イチロー選手、松中選手、多村選手三者凡退。
点を取られたあとなのに・・・寂しい。

【7回裏】

投手は渡辺選手続投です。
ショートゴロを川崎選手がこぼして送球が間に合わず、ノーアウト1塁。
川崎選手、疲れているのか?
次のショートへの当たりは川崎選手キャッチ!
ゲッツー!さすが~。

内野安打を小笠原選手が取りに行きますが、
ベースカバーに入った渡辺投手がこぼしてセーフ・・・。
それでも、次の打者はライトフライに打ちとって、3アウトチェンジ。

冷や冷やした、冷や冷やした~。

【8回表】
里崎選手、ショートゴロでアウト。

小笠原選手、セカンドゴロでアウト。

今江選手、もアウトで、チェンジ。

なんだか力が抜けてきているような・・・。
疲れているんでしょうか・・・。

【8回裏】
ファーストへの送球が間に合わず、ノーーアウト1塁。

ここで投手交代、マリーンズ・藤田投手です。
2ランホームランを打たれてしまいます・・・
テキサス レンジャーズ大塚投手が早めに出てきます。
見事に打ち取って、3アウト、チェンジ。

【9回表】

金城選手、サードの送球がそれて、ファーストがキャッチできず、セーフ!

川崎選手、バントするものの、セカンドに走る金城選手はアウト、残念!

西岡選手、うまい!内野に転がし1アウト1・2塁、チャンス!

そして、イチロー選手ライト前ヒット!
セカンドの川崎選手、ぶっ飛ばしてホームイン!
難しいクロスプレーで、様々な角度の映像を流していました。
目の前で見ていないと、または、スローモーションじゃないと判断できないですね。
日本チーム合計7点、キューバに2点先制!

松中選手、敬遠で1アウト満塁。
キューバピッチャー交代。

日本も打者交代で、ドラゴンズ・福留選手登場!
レフト前ヒット!
西岡選手・イチロー選手がホームインして2点追加!

里崎選手、里崎コールでいっぱいの球場で、粘ります。
結局、フォアボールで出塁、1アウト満塁。

キューバ、ピッチャー交代
小笠原選手ライトへ犠牲フライ!
松中選手がホームに帰って1点追加!2アウト1・3塁。

キューバ、ピッチャー交代
今江選手、ショートゴロでアウト、3アウトチェンジ
日本、あとは守るだけ!

【9回裏】
投手は大塚選手のまま、
我らが東京スワローズ・宮本選手がショートに入った!

粘るキューバチームにツーベースヒット打たれます。

・・・って、球審がゲームを中断して、
日本側のベンチに歩き出します。
日本選手がベンチから出すぎて怒られてます。
勝利を確信して、
いち早くグラウンドに出ようと、
ベンチから足が出ちゃってるんだな~って、お子様かっ!
でも、そんな日本選手たちが好きだ!
楽しくてしょうがないんだよね。
気持ちはわかるわ~。

試合に戻って、
ライトへの犠牲フライで1アウト3塁。
ショートへの内野安打で1点追加、1アウト1塁。

次の打者は三振。2アウト。
あと一人・・・打ち取った!

日本優勝!

王監督胴上げやら、国旗を持ってはしゃぎまわる選手たち、
上原選手、ほんとに楽しそうだ。
我らが東京スワローズ・青木選手もはしゃぎまくり。
そんな中で、王監督はトロフィーを授与されたり、
MVP松坂投手はラソーダ氏からトロフィーを貰ってます。
松坂選手、目がキラキラしてます。

日本選手、おめでとう!おめでとう!おめでとう!
キューバ選手もありがとう!
チャンスをくれたメキシコチームもありがとう!

色々あったけれど、色々言われたけど、
「集まったメンバーがベストメンバー」になるように
「行われたゲームがベストゲーム」になるように、
一人一人が力を充実させることの大切さを改めて考えさせられました。
そして、私はかなりの野球好きってことも、再認識です。

WBC楽しかった!
3年後に行われるそうですが、
いつ、どこでやるかにもよりますが、
ベスト4以降のゲームは、チームに関わらず、
球場に観に行きたいなぁと思いました。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(3) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 1

ひでくん

はじめまして。
我が家もスレッドしてみました。
TBさせて下さいませ。
いやぁ、久しぶりに興奮しました。
熱くなりました。
野球ってホント面白い。
by ひでくん (2006-03-22 00:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。