So-net無料ブログ作成

2011年旅の写真~時系列?編 その2~ [■写真]

001-00ustre.jpg



2011年初めに長い一人旅を敢行しました。
その時に撮影した写真を掲載します。

その1に引き続き、
今回も、主目的以外のあれこれを旅の順序で掲載します。
とはいえ、デジカメ使用の悪癖故、膨大な撮影画像のほんの一部であり、
腰を据えて撮影しないためピンボケ連続。
適当ご容赦ください。



某国の首都を起点に、目的を果たしに各都市へ行きました。
電車に乗って、いわゆる急行で片道30分の歴史ある都市に参りました。



時刻表がモニターに映し出される駅が多い中、
こちらはソラリー式、パタパタ音を立てながら表示が変わるタイプです。
好きなんですよね~

001-01ustati.jpg






この街での本命の美術館へ!
本館とは別に設けられた、
日本でも有名な作家の博物館分館です。
ただし、本館にもこの作家の原画が展示されています。
現代芸術として扱われているのです。

001-02umuse.jpg






2階建ての2階はこんな感じです。
日本人観光客も多いらしく、日本語の解説もありました。

001-03umuse.jpg





この作家の
ペーパーバックや、シンボルマークのデザインも大好き!
なので、長時間眺め続けました。

001-04umuse.jpg






この街には大教会もあり、有名な大学もあり、
歴史ある街なのです。
博物館も点在し、その中から選んだのが、
オルゴールでございました。
解説・実演付きツアーは盛りだくさん。
現地語と英語を交えて歴史やからくりを紹介してくれました。

001-05umuse.jpg






完全にオーケストラ!
圧巻のオルゴールが何台もありました。

001-06umuse.jpg





オーケストラつながり!ということで
日は変わって、起点の某都市で音楽鑑賞。
そう、その1のこちらへ。

002-03aconce.jpg





こんなシャンデリアのあるホワイエで
お茶をしながら開演を待ちます。

001-07aconce.jpg





歴史あるホールで聴くのは、
アマチュアオーケストラのメンデルスゾーン。
微妙なのはスケジュールの都合のせいです。
実際の演奏は微妙を通り越して、悲惨・・・
何が起こっているのか・・・
トロンボーンのソロ、明らかにおかしい。
もしかしてトラ???
普段、メンデルスゾーンを聴くと眠くなる私が
眉間にしわを寄せてステージを凝視するくらいに・・・ううう・・・
音が良い分、余計に際立つんですね・・・
アルトのソリストはプロでした。
そこが救いでした・・・。

001-08aconce.jpg


その3につづく~と思います。


※2012年の新年のご挨拶は喪中により控えさせていただきます。



トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。