So-net無料ブログ作成
検索選択
■写真 ブログトップ
前の3件 | -

ちょいと江ノ島に行ってきました。 [■写真]





2012年6月某日、
雨の心配が無い程度の曇天に江ノ島に行って参りました。
何年振りだろうか・・・



江ノ電江ノ島駅~

20120623-01.jpg


20120623-02.jpg



小田急片瀬江ノ島駅~

20120623-03.jpg



曇天・・・

20120623-04.jpg


20120623-05.jpg



江ノ島へ!

20120623-06.jpg



20120623-11.jpg



20120623-12.jpg



20120623-13.jpg



紫陽花の季節です

20120623-14.jpg



20120623-15.jpg



登った、登った~

20120623-16.jpg



水琴窟

20120623-17.jpg



竜宮

20120623-18.jpg



ぐるりと歩き続け・・・

20120623-19.jpg



船で戻ります

20120623-20.jpg



『つり球』で出てきた
えーの、しーま、どーん!(江ノ島丼)は食しませんでしたが、
江ノ島小屋という素敵なお店で食べた
しらす丼は美味でした!

20120623-91.jpg



地魚の刺身盛りも美味しかった!江ノ島満喫!

20120623-92.jpg







トラックバック(0) 

2011年旅の写真~あとがき編~ [■写真]

※本編は以下を参照してください。

【1】2011年旅の写真~時系列?編 その1~

【2】2011年旅の写真~時系列?編 その2~

【3】2011年旅の写真~時系列?編 その3~

【4】2011年旅の写真~時系列?編 その4~

【5】2011年旅の写真~時系列?編 その5~

【6】2011年旅の写真~時系列?編 その6~

【7】2011年旅の写真~時系列?編 その7~

【番外】2011年旅の写真~動物編~



さて、旅の主目的ですが、
欧州各国に散らばる、
ある画家の作品を観に行くというものでした。
10数年来の希望をようやく叶えたのでした。


とはいえ、時間の都合で行けない国・都市があったり、
他国に貸し出し中だったりと、
全て観られたわけではありません。
でも、画家の出身地の画家の為の美術館を含め、
欧州各国の大作・名作はかなり触れることができました。
以下、主目的で行った美術館です。

001-01arjik.jpg



001-02har.jpg



001-03rot.jpg



001-04hag.jpg



001-05berl.jpg



001-08pjaq.jpg



001-09plo.jpg



001-10bru.jpg



001-11frs.jpg








海外旅行が容易な今の時代だからこそ、
敢えて初見ののちに勉強をしようと考えていました。
これから、色々と資料を漁るところです。
現在は無知ゆえに、
画家やその作品について具体的に述べることはできません。



今回の旅では
ひたすら作品から読み取ることに終始することで
分かったことはたくさんあります。
それらが強ち外れてはいないことも、資料で分かりました。
この画家の作品に魅了されたり、影響を受けた画家が多いことも
体験を通じて知ることができました。


ここだけは行きたい!という場所以外、
ある程度は目星をつけつつ、現地に着いたら考えようと、
ひとり旅の気ままさと言うよりも、
私個人の適当さがたたることがありました。
トラムやバスで間違えた停留所で降りてしまうことや、
道に迷うこともありました。
このような失敗に少なからず凹むわけですが、
こんなアクシデントの真っただ中で
必ずこの画家の縁に触れられたのです。
全然知らなかったよ、そんなこと!というささやかなことですが、
その度に、あぁ、なんだか祝福された旅だなぁと
高揚しつつ、しみじみ感謝しておりました。



なんて書くと夢のようですが、
実際のところ、
わたしの想像以上に、
この画家が欧州各地で愛されていたということなんです。
長い歴史を通じ、欧州各地で、
多くの方が画家を大切にする気持ちに助けられていたというのが
現実です。
その現実に気付いた時、夢ごこち以上に感動したのでした。


出国1週間前は、気温マイナス10度だったのに、
私が旅する間は、雪一つ降りませんでした。
交通機関も普通に動き、
事件に巻き込まれることなく、
ひたすら祝福されていた旅でした。


帰国してから数カ月後、
最後の地で再会できなかった作品に、
日本某所で再会を果たしました。
今度は現地で再会したいと思いました。



では、最後にその画家が活動し、生涯を全うした街の
写真を掲載します。



歴史ある港湾都市の名物の花屋です。

002-01hflo.jpg






静かで穏やか~普通に住みたくなる街です。

002-02hbri.jpg







充実のチーズ屋さん!

002-03hche.jpg






街の通りは石畳。

002-07stre01.jpg






こんな装飾をするお家もあります。

002-09stre03.jpg






跳ね橋~。跳ね上がっていませんが。

002-08stre02.jpg







この国で最も古い博物館です。

002-10tay01.jpg






発電実験装置だと思います。

002-11tay02.jpg






おう、日本!

002-12tay03.jpg





結晶~。
他にも化石や絵画もありました。

002-13tay04.jpg






ちなみにここが、画家の美術館です。

001-02har.jpg






入って、進んだ先に見えるのが・・・

005-01hmus.jpg

2回行きましたが、まだまだ行きたかったです。
居心地良さが抜群で、
いつまでもいつまでもいたい空間でした。
思い出すだけで切なくなります。




街の中心にある広場にある、
かつては市場、現在は私の本命の画家の美術館の分館の建物。
現代美術の展示用です。

002-04hcha01.jpg







その隣にある教会
この日は曇って寒い日でした。

002-05hcha02.jpg







教会の中も寒かった~。

002-06hcha03.jpg







この街には3回行きましたが、
最終日には晴れて暖かったです。
実はここ、画家が埋葬されている教会なのです。
天上高い、美しい!

003-01hchar.jpg






パイプオルガン!
春から秋にはお昼に演奏されるそうです。
モーツアルトも演奏したそうです。

003-02hchar.jpg




003-03hchar.jpg







晴れた日は、
教会内にステンドグラスの色が溢れます。

003-04hchar.jpg






狛犬的な~かわいい。

003-05hchar.jpg

003-06hchar.jpg


教会の係りの方に、画家の埋葬のモニュメントの在りかを尋ねたら
満面の笑みで「ここは大きな教会だろ?モニュメントは目立たないんだよね」と
指差した先に・・・ありました。
最初に来た時探したのに、全然目に入ってませんでした。
よかった、再挑戦して!
本当に大きな教会なんです。
パイプオルガンの演奏を聴いてみたかったです。



もう夕暮。
1時間か30分ごとに鐘が鳴ります。

004-01harstr.jpg






空には飛行機雲。

004-02harstr.jpg






駅はアールヌーヴォー。
うっとりまったり、しみじみと電車に乗りました。

004-03harstr.jpg




以上です。
長らくご覧いただき、ありがとうございました。


※2012年の新年のご挨拶は喪中により控えさせていただきます。




トラックバック(0) 

2011年旅の写真~時系列?編 その7~ [■写真]


001-01bui.jpg


2011年初めに長い一人旅を敢行しました。
その時に撮影した写真を掲載します。

その1~6に引き続き、
今回も、主目的以外のあれこれを旅の順序で掲載します。
とはいえ、デジカメ使用の悪癖故、膨大な撮影画像のほんの一部であり、
腰を据えて撮影しないためピンボケ連続。
適当ご容赦ください。



最終地点の次の国に移るため、
某ターミナル駅に向かいます。
新宿駅西口方面、青梅街道界隈のように謎なオブジェが点在します。

001-02bui.jpg







世界の車窓から~真冬なのに雪は無し。

001-03win.jpg







行けども行けども、雪は無し。

001-04win.jpg







ずっと叶えたかった、食堂車での食事!
「座席は満席ですよ」と片言の英語で言われましたが、
ここは引かずに、
「バーエリアは空いてんじゃん。ここで食べるよん」と交渉。
立ち食いでございます。
テーブルで食べるような料理でもないしね~って、
ビールと、カリーヴルストと、ラクレットでございます。
街では立ち食いが普通のメニューです。
全て美味しゅうございました。

001-05bis.jpg



それにしても、飲酒をする度に日本の酒税の高さには驚かされます。
欧州はビールもソフトドリンクも同じ価格なんですよね。
むしろ、スタバのコーヒーの方が高いかもしれない。
そして、街中なのに酔っ払って崩れる日本人の多さです。
偶然かもしれませんが、
欧州でよっぱらいって街頭では見なかったです。
そもそもお酒に強いんでしょうかね。




最終目的国に着き、高級ホテルに向かいます。
別に一泊数万も出すつもりはなかったのですが、
当時、何かビジネスイベント開催中で、
ビジネスホテルは満室。
結果的に生涯で最高価格のホテル宿泊になりました。
が、これが曲者で、微妙な部屋に通され・・・
まぁ、思い出しても不愉快な感じだったということで。
眺めは良かったが、いまいち価値を汲みきれないわたくし・・・。

001-06hot.jpg







気を取り直して目的地に向かいます。
ホテルから徒歩10分くらいで行けるんです。
ふらふら散歩をしながら向かいます。

001-08bri.jpg







冬、です。

001-09bri.jpg




実は、かなりの思い入れと共に最終目的地に行きましたが、
なんと、なんと、すれ違い!
他にも醍醐味はあるのですが、
最後に本命を逃すなんて・・・と
色々な思いと共に、高級宿に戻ります。
その途中・・・雲の隙間に虹が!
あぁ・・・うーん・・・。
無言で納得しつつ、心穏やかに帰国準備に気持ちを切り替えました。

001-10bri.jpg






こんなものを撮影して、気を紛らわせてみたり。
しかし、このラーメン、明らかにインスタントです。
寿司にたくあんを添える、
ビビンパが日本料理に混じる、
うどんのトッピングが謎と、
突っ込むしかない。

001-20ra.jpg






さて、当夜、帰国の準備やフライトのチェックインを
ホテルロビーで自分のPCにて行っておりましたらば、
たまたまネットニュースを見て、
先ほどすれ違った主目的本命は、
日本で会えることが判明しましたぁぁぁぁ!(涙)
ここまで来たのに、日本か、しかも職場近くかっ!(号泣)
あぁぁぁぁぁっ!やり場のない気持ちを抑えるのが大変でした。
その夜が情報公開日だったようで、
その衝撃たるや、まさに殴られ、目の前に星が舞うような感じでした。
もう、なんか、笑うしかない。
全く持って締まらない、わたくしらしい
旅の最後の夜でございました。



私には無駄に良い窓からの景色がまた・・・

001-07hot.jpg




こうして、翌日は帰国の途に着き、
定刻通りに日本に到着いたしました。




あと1回、後書きが続きます。


※2012年の新年のご挨拶は喪中により控えさせていただきます。


トラックバック(0) 
前の3件 | - ■写真 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。